僕が「単純作業で月5万円稼げるようになった方法」公開中! ⇒詳しくはこちら

Googleドライブ上でZipファイルを解凍する方法|「Zip Extractor」でローカルを経由しなくても解凍できる!

Googleドライブ上でZipファイルを解凍したいんだけど、できないよー。
プレビューになっちゃう……。

「Zip Extractor」っていう、Googleドライブアプリを入れると解凍されるようになるよ!

こんにちは、むろす(@murosu)です。

僕は、Googleドライブを愛用しているヘビーユーザーです。
日常で使うファイルの保存はもちろん、ダウンロード先もGoogleドライブにしているくらいです。
詳しくはこちら >>ダウンロードファイルの保存先をGoogleドライブに変更する方法

ただ、困るのが圧縮されたファイルを開くときに解凍されないこと。
プレビューとして中身は見られるのですが、それだとファイルが編集できないので不便ですよね。

特に、Chromebookユーザーだと、ローカルでの処理が基本できないため解凍に困っている方が多いはず……。

ここでは、その対処方法を紹介しています。

Googleドライブに「Zip Extractor」アプリを追加する

実はGoogleドライブには、GoogleChromeの拡張機能のように『アプリ』を追加できます。
その中の「Zip Extractor」を入れると、ドライブ上で解凍できるようになります。

具体的な手順を説明しますね。

「Zip Extractor」の追加方法

Googleドライブの画面から追加できます

追加の手順
  • 手順1
    「新規」をクリックします。
  • 手順2
    「その他」>「アプリを追加」をクリックします。
  • 手順3
    検索窓に「Zip Extractor」と入力するとヒットします。
    「接続」をクリックしてください。
  • 手順4
    しばらくするとアプリの接続が完了します。
    「OK」>「×」で閉じてください。

これで、Googleドライブに追加できました。

「Zip Extractor」の使い方

では、実際にZipファイルを解凍していきます。

使い方
  • 手順1
    Zipファイルをダブルクリックしてください。
  • 手順2
    初めて起動したときには、Googleドライブへの接続許可が必要になります。
    「Authorize」をクリックしてください。
  • 手順3
    自分のGoogleアカウントをクリックします。
  • 手順4
    「許可」をクリックします。
    これで初期設定は完了です。
  • 手順5
    「Extract now」をクリックすると、解凍が始まります。
    解凍先はデフォルトでは同じフォルダ内です。
    「Change destination folder」で保存先を変えることもできます。
  • 手順6
    「Extraction complete」と表示されたら完了です。
  • 手順7
    Googleドライブに解凍されたファイルが表示されました。

若干、手間がかかりますが、パソコン上とほぼ同様に解凍できます

「Extract now」ボタンを押す必要があるので、手間がかかります。
また、解凍に少し時間がかかるのもデメリットです。

ただ、いちいちローカルに落として解凍してアップロードして……という手順を踏むよりはラクです。
かなり作業効率が上がります。

本当は、公式で解凍機能を付けてくれると嬉しいんですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました